PCX150(KF30)インプレー普段使いに最適な1台!ー

バイク,レビュー記事

pcx150インプレ

私は普段
MOTO GUZZI
というメーカーの
V7Ⅲ
という750㏄の大型バイク
に乗っているのですが

1年点検の時に
オイル漏れが見つかり
その修理のために
預けることに。

その間代車として

ホンダ PCX150

を貸していただき
せっかくなので
軽く乗り回してきたのでw

数日間乗ってみての
インプレをしてみたい
と思います。

150㏄のスクーター
結構いいじゃん!

普段使いの足になら
これくらいがベストかも!

と考えさせられました。

ところどころわかる範囲で
新型PCX160
ADV150
と違う部分にも触れています。

PCX150(KF30)

PCX150(KF30)

今回お借りできたのは

3代目 PCX150(KF30)

です。

2018年にフルモデルチェンジ
されたようで年式はおそらく

2019か20年式かなと。

ABS無しのモデルだと
思います。

カラーはたぶん

ポセイドンブラックメタリック

ってやつで

走行距離は3400㎞
ほどでした。

150㏄なので
高速道路も走れますし
基本気にせず車と同じ
所を走れる便利な
バイクです。

スペック

PCX150

簡単にPCX150
スペックを。

全長/全幅/全高(㎜)1,925/745/1,105
ホイールベース(㎜)1,315
最低地上高(㎜)137
シート高(㎜)764
車両重量(kg)131
最小回転半径(m)1.9
排気量(㏄)149
最高出力(ps/rpm)15/8,500
最大トルク(kgf・m/rpm)1.4/6,500
燃料消費率(km/L)
WMTCモード値
46.0
タンク容量(L)8.0
タイヤサイズ 前
       後
100/80-14M/C 48P
120/70-14M/C 55P

こんなところですかね。

マニュアルなどは手元に
無いのであまり細かい
ところまではわかりませんが
悪しからず…

では細かく見ていきます。

ハンドル周り

PCX150 ハンドル周り

あんまり安っぽい感じは
しなかったですね。

PCX150 左ハンドル周り

左側は上から

・ハイビーム/ロービーム
・ホーン
・ウインカー

となっています。

普段乗ってるバイクと
ウインカーとホーンの
位置が逆なので最初
ホーンいっぱい
押しちゃいましたwww

慣れなんでしょうが。

PCX150 右ハンドル周り

右側は上から

・アイドリングストップ
 (オン/オフ)
・ハザード
・スタートスイッチ

となっています。

アイドリングストップは
下側の

IDLING
STOP

と書いてあるほうに
パチッとすると
機能がオンになります。

ホンダ公式サイトより

新型PCX160
こんな感じで表示が
わかりやすくなっていますね。

後で触れますが
このアイドリングストップ
結構秀逸
で驚きました。

詳しくは後ほど。

メーター

PCX150 メーター

メーターはこんな感じです。

・スピード
・時計
・燃料計
・平均燃費
・総走行距離/トリップ

が表示され
特に見にくいとかも
なく普通の液晶です。

左下の
SEL
を押すと

PCX150 トリップメーター

一番下がトリップ表示
なります。

トリップメーターは
1つだけです。

トリップメーター1つだけ
タコメーター無し
温度計なども無し

というのは最近のモデル
にしてはちょっと寂しい
と感じました。

このメーターの外周内側が
タコメーターとかだったら
カッコいいのにな~
と思いましたけどね。

それかトリップメーター
2つにするか温度計をプラス
などもう一押しあっても
いいかな、とは感じました。

まあこのままでも
困る訳ではなく
必要十分ではある
思いますが。

pcx160 メーター
ホンダ公式サイトより

PCX160はこんな感じで
少し変わってますね。

より見やすくなって
いそうです。

ADV150 フロント周り
ホンダ公式サイトより

ADV150はまた全然
違ったテイストですね。

個人的にはこっちが
好みですね。

そういえば私…
セロー250
V7Ⅲ
とタコメーター付いてる
バイクに乗ったこと
無いんですよね…w

スマートキー

今はもうバイクもキーレス
の時代なんですね…

すごいです…

最初一通り説明して
いただきましたが
いや…むずっ…!
って思いましたwww

PCX150 キーレス

これがキー本体。

これが近くにある状態で
メインスイッチを軽く押すと

PCX150 スマートキー

このように
周りが青く光る
のでこれがスイッチを
操作できる状態
です。

この青いランプが消えると
操作できません。

PCX150 キー

左の

SEAT
FUEL

にスイッチを回して
右側のスイッチを
押せばそれぞれ
シート下のスペース
ガソリンタンクキャップ
にアクセスできます。

PCX150 給油口

給油口は足元に。
スイッチを押すと
こんな感じに自動で
パカっと開きます。

シート下を開けなくても
給油できるのは便利
ですね。

PCX150 スマートキー

あとは
一番左に回すと
エンジン始動可能に

押し込みながら
一番右に回すと
ハンドルロック
ができますね。

PCX150 キーレス

で、このキーの下の
丸いボタンを長押し
すると上の小さなランプ
が緑から赤、赤から緑
に変わるんですけど

緑はメインスイッチ操作可

赤は操作不可

になるので防犯対策
ためにもバイクから
離れるときはこのボタンを
長押しして赤く点滅した
のを確認してから離れる

のがいいそうです。

キーの上の四角い
スイッチは

アンサーバック

機能です。

押すとチカチカ
ウインカーが点滅して
ここにいるよ~と
教えてくれるので
愛着がわくかもですねw

車みたいに音は鳴りません。

あまりにもPCX売れすぎて
どれが自分のかがわからなく
なるのを防ぐための機能
らしいですwww

すごいですね。

バイクもここまできたか~
と思いましたがふと…

これ車みたいに物理キー
付いてなくね…?

電池切れたらどうすんだろ…

という疑問が。

PCX150 キーレス

スイッチだけで
物理キー無し…。

気になって調べてみたら…

https://pcxgo.com/pcx-smart-key/

やっぱりかなりややこしい
みたいですね…

定期的に電池交換は
しておいた方が良さそう
です。

ハンドル横収納ポケット

PCX150 収納ポケット

この左側に
プッシュオープンの
収納ポケット
があります。

PCX150 収納ポケット

こんな風にパカっと
開きます。

そしてこの中には

PCX150 ソケット
PCX150 シガーソケット

シガーソケットがあります。

便利ですね。

今時なら
USBでもいいのにな~
とはちょっと思いましたが。

と思ったら
新型PCX160
はこれが

PCX160 収納ポケット
ホンダ公式サイトより

このように
USB Type-C

になってるみたいですね。

さすがです!

前方の収納ポケットは
この1か所のみで
小さく見えますが

PCX150 収納ポケット ペットボトル

500mlペットボトル
しっかり入りました。

デザインを崩さずに
使い勝手もよく考えられた
収納スペースですね。

メットイン

スクーターの大きなメリット

メットイン

ですよね。

PCX150のメットインは

PCX150 メットイン

このように大容量

かなりたくさん荷物が
入りそうです。

PCX150 ヘルメット収納

ショウエイ
ジェットヘルメット
J・O
もしっかり入りました。

サイズや形状によっては
収納できないヘルメット
もある
みたいなので
このあたりは確認が
必要ですね。

中に入らないヘルメットでも

PCX150 ヘルメットフック

こうやってヘルメットを
掛けられるフックは
付いている
ので

PCX150 ヘルメットフック

とりあえずは大丈夫です。

あと驚いたのが
このメットイン
深さはそんなにない
ですが奥行きがあるので

PCX150 パックロッド収納

このようにパックロッド
のロッドケースがそのまま

入りました。

これはアブガルシア
クロスフィールドです。

これは釣りに行く時
便利
ですよ!

メットインに

パックロッド
リール
その他道具

全部放り込んで
あとは小さいバッグ
でも背負っていけば
めちゃくちゃ手軽に
釣りに
行けちゃいます!

メットインにロッドを
入れておけるので
ちょっとコンビニに寄ったり
する時も盗難を心配する
必要もありません

このタイプのメットイン
があるスクーターと
パックロッドの相性
ヤバイですね…

これだけでもちょっと
このバイク欲しく
なっちゃいますwww

ちなみに

PCX150 メットインサイズ

メットインの縦の長さは

約66㎝くらい

横の一番広いところは

約30㎝幅くらい

でした。
参考までに。

ライト

PCX150 ヘッドライト

ヘッドライトのロービーム

PCX150

これがハイビーム。

LEDなのでくっきり
明るく照らしてくれます。

ただもうちょっと光量
あってもいいかな

とは感じました。

特にハイビームがあまり
ローと変わらない感じが
したのでハイビームを
もう少し強くしても
いいのになと思いました。

が、別に暗いわけではありません。

PCX150 リアビュー

点灯状態のリアを
撮るの忘れましたが
全部LEDです。

ウインカーは埋め込み
なので飛び出てる部分は
ありません。

この辺は好みですね。

かなりすっきり
シュッとしているので
いいと思います。

スタンド

PCX150 サイドスタンド

主に使う
サイドスタンド
出し入れがとても軽く
使いやすかったです。

PCX150 センタースタンド

メンテナンスの時などに使う
センタースタンド

これも車体の大きさの割に
とても軽く掛けることが
できて驚きました。

そんなに力を入れなくても
車体を直立させてさえいれば
簡単に掛けられます。

細かい点ですがこういう
配慮はとてもありがたいですね。

タンデムステップ

PCX150 タンデムステップ

普段はこのように
格納されています。

これを広げると

PCX150 タンデムステップ

このように出てきます。

結構しっかり幅もあるので
二人乗りもしやすい
思います。

使わない時も
スタイリッシュに
収納できるのがいいですね。

走行性能

PCX150 エンジン

ここからは
PCX150
走行性能について
感じたことを。

加速感

PCX150 走行性能

150ccとはいえ
125ccのスクーターより
はるかに速い
ということはないと
思います。

フルスロットルでも
そんなに体がグッと
持って行かれるほどの
加速はしないですが

特にもっさりしてる
感じもないので
街中を走るときに困る
ことはまずない
と思います。

85キロくらいまでは
スルスルっとスムーズに
加速していく
ので
高速の合流車線でも
しっかり速度を上げる
ことができます。

ちょうどいい感じの加速感
とても乗りやすかったです。

高速走行・最高速

PCX150 トリップメーター

せっかく高速道路も
走れる排気量
なので
高速も少し走ってみました。

90キロ以降は加速が
緩やかに
なります。

最高速はおそらく

110キロ前後

なので

80~90キロ程度での
巡航は全く問題ありません

100キロ巡航は
結構厳しい…

という感じでした。

100キロも出せばかなり
エンジンが頑張ってる感じが
あるのでこれで長時間
走るのはちょっと…

と思います。

正直150㏄ってもう少し
最高速出ると思っていたので
少し意外でした。

なので積極的に高速道路
を使いたいのであれば
もう少し排気量のある
バイクの方がいいと思います。

基本下道で時々
1,2区間だけ高速乗る

みたいな使い方なら
全然問題ない感じです。

以前18馬力セロー250
に乗っていましたが
まだセローの方が高速
走れるかな?

という感じでした。

やっぱり

高速道路を走れる
最低排気量のバイク

という印象です。

ブレーキ

PCX150 ブレーキ

PCX150ブレーキ

前 ディスクブレーキ

後 機械式リーディング
 ・トレーリング

とかいう仕様です。

ADV150

前後 ディスクブレーキ

みたいです。

で、多分コンビブレーキ
なので前後連動して
ブレーキが掛かります。

なので最初右と左これ
どっちがフロントブレーキ
なの?という感じで
違和感がありましたが

あ、コンビブレーキ
だからか、ということで
納得しました。

制動力は軽く握っただけ
ならかなり弱め
と感じました。

そこからグッと握ると
しっかりブレーキが
効き始める
、という
感触でした。

最初からもう少し強めに
効いてもいいかな、とは
感じましたが別に困る
レベルではありません。

快適性・安定性

PCX150

以前に同じく代車で
アドレス125
乗ったこともありますが
それと比べると

乗り心地・安定性

段違いでしたwww

かなり乗り心地良かったです。

まず

アイドリングがびっくり
するくらい静か

でした。

振動もかなり少なく
シートの座り心地も
それなりにいいので

とても快適!

です。

PCX150のサス

サスペンション
中・高速域で大きめの
ギャップや段差が来ると
吸収しきれずにかなりの
衝撃がきてしまいますが

細かいものはうまく
吸収してくれる
ので
全然不愉快には
感じませんでした。

ADV150 サスペンション
ホンダ公式サイトより

ADV150はサスペンションの
ストローク量が増えて
リザーバータンク付きに
なっているのでさらに
乗り心地がいいのかも
しれないですね。

PCX150 ステップ

ステップも縦長で足を
乗せやすく全体的に
振動も少なく安定性も
十分
です。

車体も軽量なのに
ガッチリした感じ
して安心して乗れる
感じがしました。

ステップの先の方に
軽く足を突っ張る感じで
踏ん張って膝でシートの
先を挟む感じで乗れば
高速域でもかなり安定
して乗ることができました。

足付きはやっぱり
スクーターは悪いな

と感じましたが座り方や
足を降ろす位置によっても
足付き具合も変わりますし
車体も軽いので特に
問題ないと思います。

PCX150 スクリーン

スクリーンはそこまで
風防効果は感じなかったので

どうせ付いてるなら
もう少し高さがあっても
いいのにな
と思いました。

アイドリングストップ

PCX150 アイドリングストップ

先ほども少し触れましたが
この搭載されている
アイドリングストップ
全く違和感なく秀逸
なのでとても驚きました。

別にアイドリングストップ
という機能自体は今更
驚くようなことは
ないですが

普段乗っている車に搭載
されているアイドリングストップ
と全然違った
のが驚きでした。

ちなみに乗っている車は
ワゴンRです。

まず

完全停止から3秒後くらいで
アイドリングストップする

というのがとても
良かったです。

車のものは停止しそうな
速度になると停止前に
ストン…とストップして
うっとうしいことがある
ので基本オフにしていますが

PCX150のものは
停まってから数テンポ
遅れてストトン…
と止まるので違和感が
ありません。

ブレーキをかけていなくても
アイドリングストップします。

なので停車後、ブレーキを
離してもエンジンは再始動
しません。

アクセルをひねるとすぐに
再始動
します。

これも全くラグも違和感も
なく再始動
し、即加速する
ことにとても驚きました。

車ではこうはいきません。

右折待ちなどで
あ、次行ける
という時にエンジンストップ
してほしくなければ
アクセルを微開しておけば
ストップしないのである程度
こちらでコントロールできます。

ストップしたとしても
ほんとにすぐ加速に
移る
ので特に問題は
ないです。

全く邪魔をしない快適な
アイドリングストップ
にほんとに驚きました。

バッテリーへの影響は
多少気にはなりますが
常時オンでも全く
うっとうしくないレベル
です。

これは感心しました。

重量とかいろんな違いが
あるのでしょうが
車のものもこのレベルだったら
いいのにな、と思いました。

燃費

PCX150 トリップメーター

正確には燃費を計算して
計っていませんが

メーターで表示されている
平均燃費は

45.1㎞/L

です。

カタログのWMTCモード値
とほぼ同じ
ですね。

低燃費なので
お財布にも優しいですね。

まあこのクラスのスクーター
は基本どれも燃費はいいので
そこまで気にするものでも
ないと思いますが。

150㏄スクーターアリだな!

PCX150

数日間・数百キロ乗ってみて

特に不満点の出ない
とても快適な乗り物

でした。

走りが~
操作感が~
最高速が~

とかそういうことを
無しにして

普段使いの足

として割り切るのであれば

これ以上ない選択では?

と正直感じました。

通勤・通学にも

ちょっとした買い物にも

これだけの快適性や
収納性があるので
最適です。

いざという時には
高速道路もバイパスも
走れますし

普段MTバイクに乗ってる人の
セカンドバイクとしても
最適だな、と感じました。

個人的にはもしこのクラスの
スクーターを買うなら

ちょっとPCXは売れすぎて
あっちこっちで走り過ぎ
てるので…

ちょっとオフロードっぽい

ADV150

デザイン重視で

ベスパ
プリマベーラ

とかにすると思いますw

でもほんとに特に
目立つ欠点を感じない
優等生
なので

普段の足として
使い倒すには最適

だと思います。

さすがホンダだな

というところですね。

こりゃ売れるわな…

というのが素直な
感想ですね。

新型
PCX160
はさらに改良も加えられ
良くなっているようなので
迷う必要はなさそうです。

思わず欲しくなっちゃいますwww

快適な代車生活を
過ごさせていただきました!

PCX

おすすめですよ!

ではでは。
読んでくださり
ありがとうございました。